池袋店知ってるようで知らない AK47とAK74の違いは

池袋店知ってるようで知らない AK47とAK74の違いは。主な違いは口径というか使用する弾薬ですがAK47はレシーバーを一部切削で作っていますがAKMでプレスになり74もこれが継続されておりますAK47という銃をカラシニコフと言う意味でお使いであるならば別ですがAK47は最終生産が1950年代で今は前線ではほとんど使われておりませんAKMとAK74の共通点は多くレジーバー、やカバーは同一で修理で後送されたAKMはAK74に改造されて送り返されているようです口径の違いといいましてもHK。AK47とAK74の違いは何ですか 池袋店知ってるようで知らない。アブトマット」はオートマチックという意味で「カラシニコバ」は設計者である
ロシアのミハイル?カラシニコフ氏の名前から衝撃を受けたロシア軍はたまら
ず同じような銃を作ろうと決意し。そうして生まれたのがです。次に
紹介するはに次ぐシリーズの第世代にあたる銃です。

主な違いは口径というか使用する弾薬ですがAK47はレシーバーを一部切削で作っていますがAKMでプレスになり74もこれが継続されておりますAK47という銃をカラシニコフと言う意味でお使いであるならば別ですがAK47は最終生産が1950年代で今は前線ではほとんど使われておりませんAKMとAK74の共通点は多くレジーバー、やカバーは同一で修理で後送されたAKMはAK74に改造されて送り返されているようです口径の違いといいましてもHK 4の様に銃身とスプリングを交換してはい終わりとは行きませんでボルト、マガジンなども違いますし何より、小口径高速弾の特製として圧力が高いですからガスポートからピストンのあたりが全然違いますストックは共用できますので前線で修理されたものなどはAKMのものが使われている場合もあるでしょうしマガジンはベークライトとだと遠目にはちょっと違いが分かりにくいですガスポートのまわりはこれは見間違えようがないくらい違います外見の違いで言うと、74はショルダーストックに窪みが付けられていて、マズルブレーキが大型化されています。仕様としての一番の違いは、47は7.62x39mm弾を使用していましたが、74では小口径高速弾である5.45x39mm弾を使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です