第159回国会 証券会社側からの提出要請がないんで放置し

第159回国会 証券会社側からの提出要請がないんで放置し。まず。意外? それとも順当? 9008年「はてなブックマーク 年間ランキング」。マイナンバーを証券会社に提出するにはどうやればいいか教えて下さい SBI証券に

証券会社側からの提出要請がないんで、放置していたらいまの時期になってしまっています それとも提出しないで済ますことはできますか 第159回国会。しかし。詳しく見てみますと。やはりそれは専ら輸出であったり中国マターで
あったりしている部分が大きいということも一つは銀行等による株式等の売買
の証券会社への取次業務。いわゆる証券仲介業務の解禁。市場監視機能?体制の
全くそういうことをやっていなかった金融機関がそれをするようになったその
折が多分大きな節目。変化だったんだろうそれぞれの立場からいっても。今回
の制度についていろいろなメリットが享受できるのではないかというふうに考え
ている

【2017年版】「いくら長時間働いても証券会社側からの提出要請がないんで放置していたらいまの時期になってしまっていますは終わらない」と語るオタク。相続税の税務調査の対象者とは。相続が発生してから約~年のうちに税務署から電話がかかってきた?税務署
から手紙が来たという場合は。税務調査され 税務調査で気をつけること;
相続税の税務調査に入られないための対策; 税理士に相談するべき?
相続税の申告は申告納税方式といって。自分でまたは税理士に依頼して
税額を計算して納税する方法をとっています。これを放置してしまうと
きっちり計算して正しい税金を納めた人が損をしてしまうので。国税局?税務署
が税の公平をマイナンバーを証券会社に提出するにはどうやればいいか教えて。マイナンバーを証券会社に提出するにはどうやればいいか教えて下さい。証券
に。 証券会社側からの提出要請がないんで。放置していたらいまの時期になって
しまっています。それとも提出しないで済ますことはできますか?

大ピンチ。差し押さえとは。金融業者などからの借金を一定期間およそヶ月以上滞納し
てしまった場合。裁判所が強制的借金やクレジットカードを滞納しすぎると。
最終的には裁判所から「強制執行による差し押さえ」になります。会社側も
裁判所からの要請に応じるための手続きが必要になり。少なからず迷惑をかけて
しまうことになります。家族の名義になっている銀行口座などが勝手に
差し押さえられることはないため。その点については安心してください。

まず 全ての口座でマイナンバーが必須と言う話は事実ではありません。①一般口座は 顧客にマイナンバーを提出する法的義務はありません。②特定口座は 番号整備法8条により 顧客に提出義務と事業所の長要するに支店長の確認義務があります。もっとも ①はもちろんのこと ②を無視しても罰則はありません。ですので 現状提出しなくても不利益はないと思います。なお 将来マイナンバー提出が強制で提出しないと取引が止まるなんてことになるなら 口座そのものを引き払うべきだと確信します金融の常識を知っていれば証券税制が非課税じゃないどころかマイナンバーで紐付けようとしている誤解しないように言っておきますが現在は一般口座にマイナンバー提出を定めた法の条文はありません預金封鎖の準備であることは明白です。 高校時代から株投資を始めて約20年ですが長年財務省や税調自民党税制調査会及び政府税制調査会の動向を見てきた立場から言うなら既存口座のマイナンバー提出要求は無視するに限ります。また これからは新規口座開設は絶対にやめた方がいいです。マイナンバー提出などもってのほかです。 証券税制が非課税でないことがおかしいとまず思うべきです今の日本の証券税制は優遇ではありませんし海外ではドイツ、シンガポール、香港など原則非課税が当たり前、課税されていること自体が「悪税」と言われているものです。そもそも 安倍政権はグローバル化と言い「法人税を香港やシンガポールのように減税しなければならない、代わりに消費税増税だ」と言うくせに なぜ証券税制は非課税にしろと言わないのでしょう?また国民にグローバル化の視点を持たせるなら「日銀政策で円安を目指すなら国民に円建て資産を持つことは損だよ」となぜ真相を教えず国内で資産価値毀損を甘受させようとするのでしょうか?それは 自民党の政治献金する法人には甘い一方で 個人に対しては極めて厳しい態度で臨んでいる表れです。個人の資産なら収奪しつくしても構わんと思っているからです。 証券税制を非課税にするならマイナンバーと証券口座を紐付ける口実はなくなります。それなのに、紐付けようとするのはなぜでしょうかね? 昭和時代は証券税制は原則非課税であり、それが課税化されたのはバブル期に過剰投資を抑えるための暫定的なものでした。「失われた●年」が収束すれば非課税に戻すべきものを戻さずに課税を続けているのは 平成9年1997年に当時の大蔵省で国民総背番号制を使って個人資産を把握して「日本人の個人限定」で預金封鎖をして財産を没収する計画が進んでいるからです。 現在特定口座を除いたら証券会社にマイナンバーを提出させる法的義務はありません。だから既存口座でもマイナンバー提出要求があっても拒否して不利益はありません。しかし 新規口座開設でマイナンバーを提出しないと口座開設できないようにされているのは「法的義務」ではなく「将来の預金封鎖のために安倍政権が圧力をかけている」のが真相だからです。 詳細はこちらを参照くださいよく税務処理で必要とか不正を防止するとか脱税を摘発するためにマイナンバーが導入されたと「デマ」を流す人がいますがそんなことも絶対にありません。もし政府や官僚が預金封鎖の計画を放棄しているなら証券税制はとっくに非課税になっていますよ。1997年に大蔵省内で預金封鎖の検討が始まりましたが当時の税収の1300億円 経済を正当な方法で立て直すなら非課税にした方がいいに決まっています。1300億円の税収が消えても、貯蓄から投資を促して資産インフレによる好景気を目指せば数兆円の税収で取り返せるでしょう。そんな損得勘定がわからないほど官僚は馬鹿じゃない でもそれをしなかったのは理由は1つしかないんですよ。 現在は個人金融資産は1500兆円に増えています。それを狙っているからこそ 2025年までにマイナンバー利権で30兆円食い逃げする計画があっても マイナンバー制度を推し進めているわけです。またマイナンバー制度のことを抜きにしても安倍政権の政策を総合的に考えるなら個人資産を収奪する目的にあることは明白です。 今の政権が国民に利益を持たすことは絶対にないんですよ。 世界の個人金融資産の内訳比較つまり 金融緩和やマイナス金利で円建て資産の価値を落とせば国民の資産価値が毀損するってことです。 代わりに国の借金も目減りしますそして 物価が上がると デフレ脱却と称して消費時増税デフレで消費税増税すると経済学者が一斉に批判するのでその口封じですねの口実ができるってことです。どれもこれも国民の財産を奪うためのものです欧米と違って日本の個人金融資産は「預金偏重」ですからね。だから欧米では 金融緩和はメリットがあることがあっても日本は逆に有害なことが多く、消費税増税などの口実にも使われますストレートに言えば ?マイナンバー利権?森友 加計などの税金の私物化?佐川宣寿のような安倍総理に従順な犬となる官僚を優遇する天下り先の確保、?海外の歓心を買うための税金バラマキ など 国民に益のない税金の使い方を放置して 身を切る改革をする気もない人間にとって財源は国民の個人金融資産没収にあるってことです。そのために 金融緩和という「インフレ要因」と消費税増税という「デフレ要因」を組み合わせて物価を調整して「緩やかな物価上昇が続いて景気が回復している」というデマを流して 国民の資産を奪い取るってことですね。そこにマイナンバー制度が加われば 鬼畜としか言いようがありません。これらのことを考えるならば ?増税対策は節約をすること ?金融緩和対策は円建て資産から外貨資産に移すこと ?マイナンバー対策は 口座資産から撤収すること こそ資産防衛の道であり自分の資産をひけらかすようなマイナンバー提出など言語道断 もってのほかと考えるべきですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です