米国:中国全製品に関税 ご存じのとおりアメリカ政府は中国

米国:中国全製品に関税 ご存じのとおりアメリカ政府は中国。正直な話、海外逃亡する方がいいレベルまで堕ちたんじゃないですかね。おじさんをお呼びしたご存じのとおりアメリカ政府は中国製品への第4弾となる制裁関税の発動を発表し対して中国の国有企業はアメリカ産農産品の輸入を一時停止したがこうした貿易摩擦による対中輸出が減少するなかでトランプは日本政府にその穴埋めをさせようと農産品の巨額購入を迫っていたというわけだが総額79,677円で完璧に出来たお話。トランプ大統領のツイッター発言、「日本の7月の選挙が終われば???」が現実になるようです アメリカの農産品、数百億円規模の購入の約束を実行 安倍総理はどこまで反日なのでしょうか 右翼の方達はどうして安倍総理を非難しないのでしょうか
https://lite ra com/2019/08/post 4899 html
安倍首相はやっぱりトランプの下僕だった 日米首脳会談で巨額の農産品購入の約束、特攻隊賛美を嘲笑されたことも判明

トランプ大統領が安倍首相に対しアメリカの農産品を巨額購入することを直接迫り、日本政府もそれに応じるべく数百億円規模で購入する案が浮上していると、本日、共同通信が伝えたからだ

ご存じのとおり、アメリカ政府は中国製品への第4弾となる制裁関税の発動を発表し、対して中国の国有企業はアメリカ産農産品の輸入を一時停止したが、こうした貿易摩擦による対中輸出が減少するなかで、トランプは日本政府にその穴埋めをさせようと農産品の巨額購入を迫っていたというわけだ

しかも、共同の記事によると〈これまでの会談でトランプ氏は大豆や小麦など具体的な品目を挙げた〉という ここで思い出したいのは、ゴルフに異例の特別扱いをした相撲観戦など海外メディアにも嗤われた過剰接待を繰り広げた5月末のトランプ大統領来日後の発言だ

トランプ大統領は来日時にも「8月に良い発表ができると思う」と語り、Twitterにも〈日本との貿易交渉で非常に大きな進展があった 農業と牛肉でとくに大きなね 日本の7月の選挙が終われば大きな数字が出てくる、待ってるよ 〉(訳は編集部による)と投稿したが、帰国後の6月にも「日本は先日、『米国の農家から大量の農産物を買う』と言った」と宣言 つまり、あの過剰接待時に安倍首相は大豆や小麦などのアメリカ産農産物を巨額購入することをすでに約束していた可能性があるのだ

異常なおもてなしの引き換えが農産品の巨額購入 その上、この農産品の巨額購入は、トランプ大統領が日本政府に要求してきた農産物の関税引き下げとはまったく別の話 共同も〈日米貿易交渉の枠組みとは別に購入を迫っている〉と報じているが、関税引き下げをちらつかせるトランプ大統領の顔色を伺い、別に持ちかけられた農産品の巨額購入の要求をまんまとのんだということだろう

ようするに、対中貿易戦争の穴埋め策として数百億円規模の農産品購入をおこなっても、それが関税引き下げ要求を食い止めるという確約は何もない いや、いまアメリカの農業界は深刻な不況の心配を抱えており、さらにアメリカ抜きの環太平洋経済連携協定(TPP)の発効によって日本の農産物関税引き下げへの圧力がこれまで以上に高まっている 来年に大統領選を控えたトランプ大統領が、ここで安倍首相を相手に妥協することなど、考えられない

実際、いかにトランプ大統領が安倍首相を下に見てバカにしているか、それを象徴する出来事が起こったばかりだ

トランプがパーティで安倍首相の特攻隊賛美をからかう発言

米ニューヨーク?ポスト紙によると、トランプ大統領は9日におこなわれた政治資金パーティで、日米貿易交渉をめぐる安倍首相との会話を「日本語訛りの英語」を真似しながら紹介したという

このとき、トランプ大統領は韓国の文在寅大統領についても安倍首相と同様に「韓国訛りの英語」を俎上に載せてからかったというが、英語を母語としない者の英語発音を揶揄するとは、国のトップとして信じがたい差別丸出しの言動だ

しかも、トランプ大統領は安倍首相に「特攻隊員は(出撃前に)酒に酔っぱらってたり薬物をキメたりしていたのか」と尋ねたところ、安倍首相は「いいえ、彼らはただ国を愛していた」と返答したことも紹介 国の命令に従って命を落とした人びとを「国を愛していた」と説明する安倍首相の特攻の美談化には閉口するが、このやりとりを振り返ってトランプ大統領は、「愛国心のためだけに、片道の燃料だけを積んだ飛行機で、鋼鉄の艦船に突撃したって想像してみてよ 」と述べたという

特攻隊の行動を常識では考えられないとトランプが受け止めることに不思議はないが、しかし、この発言といい、なまり英語の物真似といい、トランプが安倍首相を嘲笑の対象として扱っていることはあきらか 安倍首相はしきりにトランプ大統領と蜜月関係にあることをアピールし、参院選の自民党政見放送では「深い関係にあるからこそ、何でも率直に言い合える仲なんです」と豪語したが、実際はたんに“なんでも言うことを聞く下僕”くらいにしか見られていないのだ

そして、この情けない尻尾振り外交の結果、またも言いなりになって中国の穴埋め要因として数百億円も費やし、日本の農家を犠牲にしようとしている 一体、安倍首相はどこまで国益を売り渡しつづけるのか──「反日」と呼ぶべきは、じつのところこの男のことではないのだろうか
(転載ここまで)米国:中国全製品に関税。米中両政府は9。10両日にワシントンで開いていた閣僚級の通商協議を終え。
交渉継続で一致した。ただ。相次ぐ米国の強硬姿勢に中国側は報復を明言する
など反発している。 米国は昨年7月以降。3回にわたり中国製品に対する追加
関税を発動。今月10日には。「制裁第3弾」として昨年9月に10%の追加
関税率を課した2000億ドル規模の中国た。3000億ドルの「第4弾」も
発動されれば。中国からの全輸入品に追加関税が課されることになる。

【レビュー】ご存じのとおりアメリカ政府は中国製品への第4弾となる制裁関税の発動を発表し対して中国の国有企業はアメリカ産農産品の輸入を一時停止したがこうした貿易摩擦による対中輸出が減少するなかでトランプは日本政府にその穴埋めをさせようと農産品の巨額購入を迫っていたというわけだ「おばさん大統領」誕生。中国政府。中国の買い手はブラジル産大豆を購入していると関係者 中国政府は国有企業に
対し。米国産の農産物の輸入を停止するよう要請した。トランプ米大統領の新た
な関税発表に対応した。事情に詳しい関係者が明らかにした。中国。中国の国務院関税税則委員会は月日。米国が,億ドル相当の中国原産の
輸入品に対し。月日米国大統領は月日。中国が発表した上記措置を
受けたさらなる報復措置として。既に中国からの輸入品に課しているリスト~
の追加関税率を月日以降。%から%に引き上げるとともに。月日以降
に発動予定のリストの追加関税率注同措置の対象品目となる米国原産の
完成車と自動車部品%もしくは%の追加関税賦課と。米国原産の

安倍首相はやっぱりトランプの下僕だった。ご存じのとおり。アメリカ政府は中国製品への第弾となる制裁関税の発動を発表
し。対して中国の国有企業はアメリカ産農産品の輸入を一時停止したが。
こうした貿易摩擦による対中輸出が減少するなかで。トランプは日本アメリカの中国制裁関税とは。アメリカの中国制裁関税米国の対中関税 トランプ米政権は年月。中国
が米国企業などの知的財産権を侵害しているとの理由から。通商法条に
基づく制裁措置として中国からの輸入品に対する高関税の適用を決め

正直な話、海外逃亡する方がいいレベルまで堕ちたんじゃないですかね。今の安倍政権が駄目なのは分かってますが、今回の参院選で1番大切なのは政治家ではなく国民なんだと分かりました。売国行為をしてる安倍政権に多数の国民がOKと言ってるのが参院選で明確になったので、もうどうしようもない状態だと思ってます。個人的にはれいわ新選組を支持していて山本太郎さんに政権を取ってもらうのが日本の最後のチャンスだと思っていますが、殆どの人が彼を批判しているかそもそも知らないかの状態。もう日本を捨ててどっかの国に移住する事を考えています。これ、日本の消費者がアメリカ農産物を買えるお金持っている、との前提ですよね。まぁ、日本の富豪がアメリカ農産物を100人前くらい食べるんでしょう。非難は聞き飽きた。非難だけでは総理は変わらないことに、そろそろ気づけませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です