9条は全面削除しても何の支障もない:日経ビジネス電子版

9条は全面削除しても何の支障もない:日経ビジネス電子版 。貴方の言う事は、正論です。憲法9条のおかげで日本は戦争にならないといいますが、

ならば世界中の憲法に9条を追加したら戦争は無くなるのですか 「9条は全面削除しても何の支障もない」:日経ビジネス電子版。安倍晋三首相が。憲法条に「自衛隊の存在を明記する条文を加える改正を目指す
」との意向を示したのを受けて。日本は満州事変を起こし。第一次世界大戦後
の国際的な法規範に挑戦しました。まず条項は。日本国憲法前文が掲げる
目的「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを
決意し」を確認するものです。戦争中であることを理由に。疑わしきを攻撃し
ても許される“権利”が交戦権です。参考にならなかった 人%

貴方の言う事は、正論です。憲法改正に反対する多くの方々が、そう言っています。ならば、憲法9条に加えて、「核を持ってはいけない」とも書けばよい。もしかして、「地震が起きてはいけない」と書けば、地震もなくなるかもしれませんね。ならば、何故、他の国では憲法9条を入れないのか。まず、国を守るために軍隊を持つ事が当たり前だからです。だから、どの国でも、憲法に軍隊を持つなどとは記載しない。「生きるために空気を吸いなさい」と同じだからです。長い間、中立を保っているスイスでさえ軍隊を持っています。また、軍隊は外交の一つの手段であり、戦争もまた外交の手段と考えている国は多いです。ならば、本当に日本は戦争になっていないと言えるのか。1竹島を韓国に不法占領されている2北方領土をロシアに取られてしまった3北朝鮮に、沢山の日本人が拉致された4尖閣諸島に、中国軍が頻繁に入ってくる5沖縄は、中国共産党だらけ6中国、ロシア、北朝鮮のミサイルは、常に日本に向けられており、何時でも発射できる状態にある結局は、自分の身の回りにまで至る争いが起きていないから平和であると言うのである。このような事を言っている方々にとって、拉致問題など関係ない事と思っている。北方領土など、返還されてもされなくても、どちらでも良い、と思っているでしょう。だから、その様な発言になります。貴方の、その発言を不思議に思う気持ちこそが重要で、日本を正しい方向に導きます。「世界中の憲法に9条を追加した」としても、他国の主権を侵害する軍事行為はあり得ます。その場合は、軍事行為を受けた国は、個別的自衛権の行使としての防衛行為をしますが、これは「戦争」の1つです。世界中の憲法に9条を追加したとしても、戦争は無くなりません。9条があるから権力者は戦争を起こすことができないだけです。そんなのがあってもさて日本を攻めようと思えば外国は攻めることができます。専守防衛なんで自衛隊はそのときになれば出動できます。今は比較的平和な時代かつアメリカの核の傘があるのでどこも攻めてこないだけです。9条とはあくまで日本の権力者が戦争を起こせないだけの条文だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です