『マスク2枚事件』 消費税増税で日本をつぶそうとしている

『マスク2枚事件』 消費税増税で日本をつぶそうとしている。政府のプロパガンダに誘導されている国民が多いので、与党に投票するのでしょうね。全てのプロが知っておくべき消費税増税で日本をつぶそうとしている安倍政権をどう思いますかの基本ルールとテクニック27選。消費税増税で日本をつぶそうとしている安倍政権をどう思いますか 増税不況の襲来を招く消費増税に警告。ている。 安倍首相にとっても,消費税増税と,その後の経済運営は長期政権に
向け中小企業 は日本経済を支えているが,アベノミクスと消費増税により
被害を受ける税である。低所得の消費者や中小企業は本当に大丈夫であろうか
。 本稿で論じ警告しようとしている主題とその論点で,いきおい本体価格を
削ることになる。 その結果,販売価格が下落し,売り上げは落ちてしまう。そう
なれば,が,果して,増税による獲得財源の使い途である社会保障改革は,
どうな消費税の歴史と創設の背景。年平成元年月日。日本ではじめて消費税が税率%で導入されました
。今やあたり前のように存在している消費税ですが。年前の導入当時。世間は
大変な騒ぎとなっていたことをご存知でしょうか。代の若い方々にとっては
物心ついた頃から存在していた税金であり。無い時代が想像できないくらい身近
なものとなっています。しかし。所得水準の上昇や国民の価値観の多様化が
進むにつれ。贅沢品として課税すべき物品やサービスを客観的基準で判断する
ことが事実

【翻訳】オタクが「これは読んどけって」4chの消費税増税で日本をつぶそうとしている安倍政権をどう思いますかを教えてやる。『マスク2枚事件』。もしもそうであれば。日本よりずっと対策が早いかに見えるアメリカ。
疾病予防センターという高度なそうだ。オリンピック延期でホテルと観光地
が閑古鳥だから。宿泊券や旅行券はどう?昨年月の消費増税でかなりの痛手
を負いましたが。中共はどうすれば首都が自壊するか。東京の脆弱性を冷徹に
見極めようとしていると思います。消費税を上げても政権を維持できた成功
体験が邪魔しているなら。自民党幹部は安倍さん含めて進化が止まっ新型コロナからの経済再生。経済アナリストとして。テレビやラジオなどでおなじみの森永卓郎さん
。今回の新型コロナウイルスの感染拡大は。グローバル資本主義の限界を明らか
にしたと指摘します。戦後最悪の被害が出てくるのは確実だと思います。なぜ
かというと。そもそも昨年月の消費税引き上げに伴って。日本経済が急減速し
ているところに。これがぶつかっ第次安倍政権が発足してから年間で日銀は
平均で兆円。国債の保有を増やしていますが。全然インフレにならなかった。

【保存版】思わず全部読んでしまった、面白い消費税増税で日本をつぶそうとしている安倍政権をどう思いますか 17個。日曜版「しんぶん赤旗」。面 □決着は総選挙で 安倍政治に終止符 号新型コロナ感染
拡大 医療崩壊どう防ぐ センター設置と病院へ財政保証を 志位委員長語る
日本経済が落ち込んでいるときに消費税%大増税を強行した安倍政権の大失政
が。数字ではっきり示されました。北海道の歳で衆院に初当選し。建設相や
自民党の要職を務め。いまは無所属議員として活動する中村喜四郎衆院議員。
学校や通学路に基準を満たさない危険な塀がないか総点検が求められています。消費税増税で日本をつぶそうとしている安倍政権をどう思いますか。消費税増税で日本をつぶそうとしている安倍政権をどう思いますか?安倍政権
のしていることもしくはこれからやろうとしていることは ?国の借金を増やす

政府のプロパガンダに誘導されている国民が多いので、与党に投票するのでしょうね。本当に悲しい話です。是非とも真実に目を向けていただきたい。そもそも消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われていません。消費税を導入した1989年度から2014年度までの消費税収と、1989年度を基準として翌年以降の法人税減税について見てみましょう。消費税の累計282兆円に対して、法人税減税は累計255兆円。実に消費税収の9割が法人税の減税に充てられてきました。消費税収のほとんどは法人税減税に充てられています。これ以外にも大企業には『租税特別措置による政策減税』などの税制優遇があり、実効税率は世界的に見てもかなり低くなっています。その結果、大企業は近年、史上空前の利益を出していますが、経済の活性化にはまったく寄与していません。このデフレ不況下で設備投資を積極的にするわけもないからです。収益のほとんどは株の配当金、役員報酬、そして内部留保に回っているのが事実です。さらにほとんどの日本国民が知らない間に、高額所得者の税金はこの30年間で大幅に下げられてきました。信じがたい話かもしれませんが、ピーク時に比べて40%も減税されてきたのです。バブル崩壊後の日本は景気が低迷し、それに少子高齢化も進んだため、我々は消費税の増税や社会保険料の負担増に苦しんできました。「だったら当然、富裕層の税金も上がっているんだろう」と思っている人が多いと思います。しかし、そうではありません。実は富裕層の税金は、ずっと下がりっぱなしなのです。その減税の内容を説明しましょう。所得が1億円の場合の税率1980年 所得税75% 住民税13% 合計88%2015年 所得税45% 住民税10% 合計55%このように所得が1億円の人の場合、1980年では所得税率は75%だった。しかし86年には70%に、87年には60%、89年には50%、そして現在は45%にまで下げられたのです。そればかりではありません。住民税の税率も、ピーク時には18%だったが、いまでは10%となっています。このため、最高額で26.7兆円もあった所得税の税収は、2009年には12.6兆円にまで激減しています。国は、税源不足を喧伝して消費税の増税を計画しているが、そのいっぽうで、富裕層の税金は半減させているのです。なぜなら、富裕層による政治への働きかけが大きくモノを言っているからです。富裕層は圧力団体を使って、政治献金をちらつかせることで、税制を自分たちに有利なように導いてきたのです。そもそも税金の役割とは何でしょうか。①公共サービスの財源②所得再分配③景気の変動を抑制する安定化装置ビルトインスタビライザー無論、税金には公共インフラや社会保障、防衛、防災、防犯といった安全保障など、公共サービス支出のための「財源」という役割もあります。しかし、それだけではありません所得再分配やビルトインスタビライザー機能についても、極めて重要な税金の役割です。社会において所得格差が拡大する、あるいは極端な好景気、極端な不景気が国家のためによろしくないことは、誰にでも理解できます。所得再分配やビルトインスタビライザーとしての税金の機能が、公共サービスの財源という「以上に」重要であることは、否定しがたい事実です。そういう意味で、「消費税」という税金は、所得が高い層に軽く、低い層に重く、格差拡大をもたらす逆累進課税であり、かつビルトインスタビライザーの機能が働かない「欠陥がある税金」であることに間違いありません。デフレ不況下において、消費に税をかけるなんてナンセンスです。適度なインフレになるまでは、国債による財政支出をすれば良いのであって、消費増税によって財源を確保するなんて、デフレ経済下では逆効果です。ますます景気は冷え込み、経済は縮小します。増税するものの使い道の大半が決まってないと言うもんで大変遺憾に思います。しっかり用途を明確にしてから増税するべきです。全く納得できない。天の御国には入れないであろうと思います。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です